【感想】湯治や炭酸泉で有名!和歌山県の花山温泉へ日帰り旅行記!

スパも良いのですが、どうせ行くなら身体に良さげな温泉に行ってみたいなと思い、ネットで調べてみると、何やら和歌山に炭酸泉で有名な「花山温泉」があるとの情報。早速行ってきたので、ご紹介します!

ちなみに温泉の成分などは、花山温泉さんの公式サイトに詳しく載っているので、そちらにお任せしまして、今回は実際行ってみた感想などをお伝えできたらなと思います。

花山温泉の駐車場

この日は、平日の朝10時くらいに到着しました。混んでるかなと少し不安でしたが、駐車場もまだ空きがあって、一安心。奥に見えるのは高速道路です。ちょうど高速道路沿いにあるんですね。

↓↓

 

ちなみにこちらの駐車場がいっぱいでも、まだ他に3か所も駐車場があるようです。
↓↓

温泉の外観はこんな感じです。
↓↓

↓↓「花山温泉 薬師の湯」の大きな提灯が日本っぽいですね。

日帰り入浴の料金

午前8時~ 大人 1100円 小人 550円
割引料金 17時~ 大人 850円 小人 420円

公式サイトより(2017.8.19現在)

正直1100円は少しお高いな、と思いますよね。ただ、建物の外に出ない限り何度でも入浴は可能ですし、建物の中には無料の休憩所も併設されていますのでゆっくりできます。

公式サイトでもおすすめされているように、「2度入り」をするほうが温泉の効果を発揮するようです。ですので一度入浴して、無料休憩所で休憩して、また2度目の入浴をする。この入浴法をすれば数時間はたってしまいますので、1100円はそれほど高くはないかなーと個人的には思います。

お昼ご飯は釜飯にしてみた

花山温泉さんの公式ホームページに「お米から炊き上げるので出来上がりまで約25分かかります、入浴前のご予約も可」と書かれていたので、到着してすぐ、カウンターで釜飯の予約をしました。

メニューと、名前と、大体何時に食べたいかをスタッフの方に伝えておきます。

そしてその釜飯がこちら。鯛釜飯で850円でした。
↓↓

 

ロッカーは実質無料!

花山温泉を入ってすぐの下駄箱と、お風呂の入り口に荷物を入れるロッカーがあります。
↓↓

最初に100円を入れないといけないのですが、帰るときにその100円は戻ってきますので、「実質無料」になります。

帰るときに、絶対に100円を取るのを忘れないでくださいね!

シャンプーなどのアメニティ類について

お風呂場には、ボディソープ、シャンプー、リンスが大きいポンプ式ボトルに入って常備されています。特にシャンプーにこだわりがある方は、ご自分で持ってこられたほうが良いですが、特にこだわりのない方は、そういうものは持ってこなくてもいいのでとても助かりますね。

脱衣所には、大きな鏡とドライヤーもありますので、髪の毛を乾かすのも問題ないです。

ドライヤーはブラシがついていない通常のタイプのものですので、ブラシは持参されたほうが良いですね。

ちなみにタオルなんですが、かなり温泉のお湯の色に染まってしまいます。
成分が濃いからでしょうか、薄い茶色に染まってしまうんです。ですので、持ってくるタオルは、染まっても構わないタオルを持ってくるほうが良いと思います。

花山温泉効能は?地元のおばさま方に聞いてみた!

関西だからでしょうか、湯船の中でも地元のおばさま方が結構話しかけてきてくれます。お話し好きそうで、色々とお話をしていたら、のぼせてしまいそうでした(笑)みなさん、ワイワイお話しながら、とっても和やかな雰囲気です。

地元の方は、毎日通われている方も多いそうです。「やっぱり体に良いんですかね?」と聞いてみましたら、やけどや切り傷が早く治ったとか、膝に水が溜まっていたのが、ここにきて治ったとか、たくさんそういうお話を聞けました。

まあ、これは人によってそれぞれですので、何とも言えないのですが、あの茶色の温泉水と湯船に堆積している温泉成分を見ていたら、なんだか納得させられるような、そんな強烈なインパクトのある温泉でした。

空いてる時間は?混雑してるの?

私が平日の10時ごろに入った時は、ガラガラではないですが、そんなに混んでいる印象ではなかったです。12時くらいにお昼ご飯を食べて少し大広間で昼寝をしてから、2回目は15時くらいに入ったのですが、その時がなぜかすごく混んでました。

地元の方が多かったのか余裕で30名以上はいたと思います。ですので、湯船の混み具合をみながら、湯船に入ったり外に出てゆっくりしたりといった感じでした。

でも、地元の方も「なんで今日こんなに多いんやろ?」とおっしゃっていたので、もしかしたらその日は特別だったのかもしれません。

ちなみに、アジア系の外国の方もちらほら見かけたのですが、もしかしたらガイドブックに載ってるのでしょうか?

ちなみに17時以降は割引料金の時間帯になりますので、17時前に私が帰るころには少しカウンターや売店の周りが少し混雑していました。

源泉も持ち帰りOK

10リットル100円で、源泉を持って帰ることもできますよ。

私がジーっと源泉を見ていたからなのか、また地元の方が話しかけてきてくれて、「口内炎の時にこれでうがいすると良いよ」と教えて頂きました。

しかし、私も少し口に含んでみましたが、味はかなりまずいです。口に含んだ瞬間、眉間にしわがよるくらい(笑)。言葉では何とも言い表せないのですが、良薬口に苦しで何だか効果はありそうな感じはします。

まとめ

今回は日帰りでしたが、なかなか楽しめました。あの高濃度の炭酸鉄温泉と、あの独特の湯船は、一度行ってみる価値があるのではないでしょうか。

建物の外に出ない限り、何度でも温泉に入れますし、無料の休憩所もあります。ゆっくり休憩しながら温泉も楽しめるので、おすすめです。