【恥をかかない】ティッシュ配りアルバイトの登録会や面接の服装

ティッシュ配りアルバイトの登録会や面接にどんな服装をしていけばいいのかわからない方に、どういう服装で面接に行けばいいのか、実際の私の体験談をご紹介いたします。

バイトの登録会や面接は私服でOK

これまでチラシ配りやティッシュ配り、サンプリング配布のアルバイトの登録会や面接で何社か行きましたが、すべて私服でOKでした。周りの皆さんも普通に私服でした。

デニムやチノパン、シャツ、ブラウス、ワンピース、スカートなどカジュアルな装いの方が多かったです。

ただし、さすがに破れたデニムや奇抜な服装、ド派手な色、ヨレヨレの T シャツ、ミニスカートなどで来られた方はいませんでした。

ティッシュ配りとはいえ、人と接するアルバイトの面接なので、ある程度清潔感があり、常識的な範囲での服装は意識してください。

ちなみに、スーツを着ている方は一度も見たことがありません。逆にスーツを着ていると浮いてしまう雰囲気です。

足元も、普通にスニーカーやパンプスでいいと思います。ちなみに面接官の方は、女性男性関わらずスーツの方がほとんどでした。

登録会に来られている方々の年代は、20代を中心に30代40代ぐらいの方もおられました。ティッシュ配りは重労働ではないので、男性はもちろん女性の方も思ったより多かったです。

登録会や面接方法は様々なパターンあり

・会社の一室で合同説明会。その後1対1で面接
・会社の一室で合同登録会。1対1の面接はなし
・喫茶店で1対1の面接

会社によって様々なパターンがあるので、もしも電話で面接の予約をすることができるのならば、どういう形なのか聞いてもいいと思います。

一社だけ珍しかったのが、 家の近所まで面接官の方が来てくださり、近所の喫茶店で面接をしてくださったことがありました。

面接会場にまで行く交通費も浮きましたのでかなりありがたかったですが、残念ながらこれはめったにないパターンです。私も、後にも先にもその1社だけでした。

履歴書不要の場合でも登録会場で簡単な経歴を書く場合もある

たまに履歴書不要の場合もあるのですが、いざ登録会場に行ってみると名前と住所に加え、簡単な経歴を書かされる場合もありました。

学校の卒業年月日や職歴など、とっさに思い出せない場合もありますよね。ですので、面接に行く前に、簡単に自分の経歴をまとめたメモなどを書いて行くことをおすすめします。

もしも電話で面接を申し込むのであれば、その時に担当者にそのようなものが必要か、確認を取っておくといざという時に慌てることがないですよ。WEBで申し込んだ場合でも、会社から電話がかかってくるはずですので、その時に質問してみましょう。

まとめ

ティッシュ配りアルバイト登録会や面接の服装は、ド派手じゃなければいつもの私服で大丈夫です。心配な方は、自分が持っている洋服の中でも一番地味でおとなしい服装にしてみると無難なのではないでしょうか。

面接の雰囲気もそんなに堅苦しくない場合が多いので、そんなに緊張せず、気を楽にして面接に挑んでくださいね。