【無料】ハワイ旅行で保険に入らないなんてありえない!無料で入れる保険。

ハワイに行く時の保険・・・かけたほうが良いのは分かってるけど、高いし、どれが良いか分からない。それに、これまで何回も海外旅行行ったけど、ケガも病気もしなかったし、保険なんかかけなくてもいっか!と思ってるのであれば、ちょっと待ってください。

ホントに保険かけずに旅行に行ってしまうと、いざという時、痛い目にあいますよ。しかも、半端ない金額を払わないといけません。とは言っても、ネットでいろいろ見たけど、結局良く分からないんだよね・・・というあなたのために、今回は無料&格安で保険に入れる方法を厳選して紹介しますので、是非参考にしてみてください。

できるだけ、最新の情報に変更しておりますが、クレジットカードの規約は変更になることも多いので、申込前に必ず確認してくださいね。

【無料の場合】エポスカード一択

タダで海外旅行保険に入りたいのであれば、もはやエポスカード一択です。年会費無料のクレジットカードではありえないほどの補償額が付いています。クレジットカードで旅行保険がついているのは、もちろんたくさんありますが、なぜ、エポスカートが良いのか・・・

とにかく海外旅行保険で重要なのは、

・自動付帯
・補償額が充実している
・【+年会費無料】なら尚ラッキー

この3点です。

特に、①の「自動付帯」は必ず必要です。「利用付帯」だと一旦、現地で治療費を自分で払わなければいけません。その後返金されますが、治療費が高額な場合、現地で支払うのはまず無理ですよね。「自動付帯」なのであれば、その場で治療費を支払う必要はありません。

②の補償額についても、下記の通り、無料とは思えないほど充実してます。

疾病治療費用 270万円
傷害治療費用 200万円
携行品損害 20万円
救援者費用 100万円
賠償責任 2,000万円
傷害死亡/後遺障害 500万円

アジア圏に旅行する場合、最低でもこのクレジットカード一枚持っていれば、とりあえず大丈夫かと。私は、これまで3回保険のお世話になりました。

1回は中国で荷物の盗難。
残りの2回は、東南アジアで下痢と嘔吐です。

東南アジアでは屋台の食事が多かったので、注意していたのですが、当たってしまったようです。いくら旅行保険があったとしても、あまり病院が好きではないので、日本から持って行った薬をずっと飲んでいました。

でも全く効かなくて、症状がひどくなる一方だったので、最終的には病院のお世話になりました。結局、病院で薬を処方してもらったら、一発で治ったんですよね。
しかも自動付帯だったので、お金は一銭も払っていません。

「保険に入ってなくてもなんとかなるんじゃない?」と思っても、やはり海外という環境の変化の中では、どんな体調不調が起こるかも分かりませんし、他にも盗難など、どんなトラブルに合うのかも分かりません。

【節約】旅行先によってネット保険で上乗せ

ヨーロッパやアメリカなどは医療費が特に高いことで有名です。アジア圏などに比べて数倍になる場合もありますので、エポスカード一枚では、もしかしたら金額が足りないことになるかもしれません。

そういう場合は、ネット保険で保証額を上乗せすると安心できます。

バラがけできる損保ジャパンがおすすめ

ネット保険もいろいろありますが、私が入っているのは損保ジャパンです。「疾病治療費用」「傷害治療費用」をバラ掛けで上乗せできるので、節約することができます。

アジア旅行で体調を壊した際に、1度お世話になりましたが、日本人の担当者の方が、私の体調も気づかいながら、テキパキと病院の手配をして下さいました。体調を崩しているときは、気も弱くなっていますし、とても心強かったですね。

まとめ

・「高いから」という理由だけで、保険に入らないのは超危険!

・【無料】なんで、とりあえずエポスカード1枚は、持っておいた方がいい!

・ちなみに、「旅行期限まで、あと日にちがないんだよな」っていう方でも、近くにエポスカードセンター(マルイ)があるのであれば、最短即日で受け取ることも可能ですよ。(もちろん審査にもよりますけど。)