【体験談】一人旅のメリットと唯一のデメリットとは?

ここ数年もっぱら旅行に行くときは一人です。「一人で旅行に行って何が楽しいの?」と思われるかもしれませんが、私は一人旅のほうがメリットがあると思いますので、おススメします。

もちろん一人だと面倒なこともたくさんありますが、一人でフラッと旅行に出るのも楽しいものですよ。

一人旅をするきっかけ

これまで2回ほど友達と海外旅行したのですが、1回目は派手に大喧嘩をしてしまいました。

行きの飛行機の中からすでに不穏な空気はあったのですが、まあ、現地に着いてからもことごとく意見が合わない。
一緒に旅行に行くぐらいですから、普段は仲が良かった友達なのですが、びっくりするほど何から何まで価値観が違って、驚きました。

これで痛感したのは、一緒に旅行に行くには、まず「金銭感覚」が似ていないとかなりきついということです。

「おいおい、今更かよ。」と思われたかもしれませんが、旅行では泊まる宿、入るレストラン、交通手段など、すべてにお金がからんできます。
そして、旅行では24時間ともに行動をしないといけないので、普段の生活では数時間程しか一緒にいない友達とは、はっきりとこの金銭感覚、価値観の違いを感じてしまいます。

例えば、
【私】屋台料理が食べたい→【友達】そこそこ高いレストランで食べたい
【私】宿はドミトリーでもOK→【友達】そこそこ高いホテル
【私】移動は電車やバスでOK→【友達】タクシーに乗りたい

友達は、せっかく海外に来たんだから、そこそこ高級なレストランでおいしいものを食べたいし、良いホテルにも泊まりたい。

もちろん、この友達の意見も正しいです。ただ、価値観が私と全く違っただけのこと。彼女も同じ価値観の友達と旅行に来てさえいれば、とても楽しい旅行になったと思います。

もともと一人旅には興味があったのですが、この旅行をきっかけに私は一人旅をすることになったのです。

一人旅のメリットとは?

スケジュールは自分で自由に組める

私は旅行前に大まかなスケジュールは組んでいきますが、現地に到着してからは、本当に行き当たりばったりです。

宿も当日に見学させてもらって、そこで決めてしまいます。「明日はあそこを観光しよう!」と思っていても、当日になってそんな気分じゃなければ、その日は町をブラブラ散歩するだけの日もあります。

食事も適当でOK

最初のころは、一人旅だと食事が心配だなと思っていたのですが、そんなこと、心配しなくて大丈夫でした。

私は東南アジアに行くことが多いのですが、屋台や一人で入れるカフェがたくさんあります。外で食べるのが嫌であれば、屋台や食堂でも持ち帰り用にしてくれるところもありますよ。

現地の人と話す機会が増える

一人旅だと現地の人と話す機会が格段に増えます。一人ですから何をするにも、どこに行くにもすべて自力で考えて自分で解決しなければなりません。

道に迷った時や電車やバスの乗り方が分からないときなど、現地の人に尋ねないといけない場面が多々ありますので、必然的に現地の人と話す機会が増えます。

しかし、そういうふうにして現地の人と話していると、ガイドブックには載っていなくて現地の人しか知らない非常に穴場な情報なども教えてくれます。

ドミトリーや宿で他の旅行客から情報収集

私は海外ではほぼゲストハウスのドミトリーに泊まることが多いです。

最初は「他の人と一緒に泊まるなんて」と少し不安に思いましたが、ドミトリーは女性専用部屋があることが多いので安全ですし、いろんな人種の方と出会うことができるので、面白い観光スポットの情報交換をしあったりととても面白いですよ。

それぞれの宿で「観光ツアー」を開催しているところも多く、それに参加すれば大人数でツアーに行くことになりますので、一人旅でも楽しく観光スポットや穴場スポットを回れますので、ぜひ利用してみてください。

一人旅で得たもの

一人旅では、自分一人で物事を解決しようとする力がつきます。問題が起これば自分でいろいろと調べなければいけないので、人に頼ることなく物事と向き合う力が自然とつきますよ。

唯一の一人旅デメリットとは?

これは、声を大にして言いたい、それは「トイレ」。

正直、これが一番苦労しましたね。友達がいれば、荷物が多くなったとしても友達に荷物を預けてトイレに行くことができますが、一人だとそうもいきません。

日本のトイレは、個室の中に荷物をかけるフックや荷物を置く台が必ずありますよね?しかし、海外、特に東南アジアでは、こういったものはまずありません。

ですので、リュックを背負ったままか、持ったままということになるのです。これがいかにしんどいか、想像してみれば分かりますよね。

でもそれを解決してくれたのが、「S字フック」です。
もう私の一人旅は、パスポート、お金の次にこの「S字フック」が絶対になくてはならないものになりました。

これさえあれば、トイレ問題はまず解決できますので、一人旅のデメリットはなくなります。

便利グッズがあると、格段にストレス減りますので、その分一人旅楽しめることができます。

絶対に持っていってほしいものについて、別記事にも書いているのでぜひ読んでみてください。

【必需品】女性の海外一人旅で持っていくべきS字フック

【必需品】女性の海外一人旅に持っていくべきヘッドライト

一人旅で気を付けていること

荷物はできるだけ少なく身軽に

私は30リットルのバックパックに着替えなどの荷物を入れて、斜め掛けの小さめのバッグに財布やすぐに出す必要があるものを入れています。

30リットルのバックパックは一見小さく感じますが、自分の体力から考えるとこのサイズが長時間背負っても疲れにくいジャストサイズでした。これよりも大きいバックパックですと、スペースがある分たくさん荷物を詰め込んでしまいやすいので、荷物が重くなってしまいます。

重くなればなるほど体力も消耗しますので、パックパックを購入するときは、自分の体に合ったサイズはどれなのか、荷物を入れて長時間背負うことができるのか、慎重に選んだほうが良いですよ。

グレゴリーは品質も良くおすすめです!

夜は出歩かない

日本も最近は物騒ですが、特に海外では夜に一人でフラフラと出かけるのは、大変危険です。海外で気持ちが開放的になるのは分かるのですが、悪いことは起こっても良いことは起こらないと、個人的には思っています。

ですので、私は夜8時以降は、できるだけ外には出ません。大体ゲストハウスの中にカフェがあるところが多いので、そこで宿泊者とお話をしたり、次の日の予定をたてたりしています。

ちょっと真面目過ぎるかなとは思うのですが、何かあってからでは遅いので、自分の中のルールとしてこれだけはできるだけ守るようにしています。

まとめ

一人で旅行するということは、移動手段も、その日泊まる宿も、どこで何を食べるかなど、常に自分で選択して考えて行動しなければなりません。

それでも一人で旅行をしているからこそ出会えた人や、行くことができた場所など、得ることが大きいのも事実です。

一人旅をしていて孤独を感じることもあるかもしれませんが、その「孤独と感じる時間」も大事なのではないかなと思うのです。

一度も一人旅をしたことがない人は、まず国内からでも初めて見てはいかがですか?